週プレNEWSが選ぶ2017年の注目アイドルの小山リーナ「ももクロさんとか。しおりんちゃん(玉井詩織)が好きで」(画像あり)

C3Zyw1BUMAIVBRM



内容

2017年、「週プレNEWSが今年“大注目する期待のアイドル”連続インタビュー」も、第6回目!

今回登場するのは、2016年の夏にミニアルバムでデビューし、アイドル界でも「メンバーみんなカワイい!」と注目されているマジカル・パンチライン(略称・マジパン)から、最年少美少女の小山リーナちゃん!

年齢はなんと13歳!! その圧倒的な可愛さの裏には、どんな性格が隠されているのか? 注目です!

―さて、「週プレNEWSが選ぶ2017年の注目アイドル7人」の6人目は、小山リーナさん!

小山 さっき他の6人の方を聞いたんですけど、皆さん有名な方ばっかりで、まずいですね。

―まずくないです(笑)。アイドルファンや評論家の中でも小山さんは“逸材”と呼ばれていますから。それにしても現在、中学2年生! 大人っぽいですよね。自分ではどうですか? 「中2には見られないよな」って自覚はありますか?

小山 そうですね。結構、お仕事で年上の方と話すことが多いので、「自分って本当に中2なのかな?」ってたまに思います。学校でも、男子とか見てると「子供だな」って思うので。授業中に男子同士ふざけてたり、からかったりしてるんですよ。あと、校内を走り回って鬼ごっことかして、先生に怒られたりしていて。

―ただでさえ、子供の頃は男子のほうが精神的に幼いですからね…。この世界にはいつ頃から入りたいと思ってたんですか?

小山 アイドルは小学2年くらいの時から好きでした。ももクロさんとか。しおりんちゃん(玉井詩織)が好きで。ずっと「アイドルとかモデルさんになりたい」って思ってて、勝手に笑顔の練習とかしてました。家にあったカラオケができるマイクみたいなので歌ったり、あと「体力が必要だ」と思って、お父さんと一緒にランニングをしたりして。

―確かに、踊りまくりのももクロさんに憧れてたなら、「体力をつけなきゃ!」って思うかもしれませんね。

小山 はい。で、小学6年生の時に『ピチレモン』って雑誌のオーディションがあって。それを受けにお母さんとお姉ちゃんと東京に行ったんです。落ちたんですけど。で、その帰りに生まれて初めて原宿に行って。

―すごい人だったでしょう。

小山 すごい人でした。竹下通りの上から見ると黒いのが! 髪の毛しか見えないから、道が黒くて。で、歩いてたら名刺をもらいました。

―あ、スカウトされたってことですか?

小山 そうです。竹下通りの黒い中に入って歩いてたら、竹下通りの真ん中あたりに閉店してる店とかあるじゃないですか。シャッターに落書きされてるところ。そこらへんで声をかけられて。横からパッて出てきてビックリしました。


―で、「芸能界とか興味ないですか?」って声をかけられたところが、今の事務所だったんですか?

小山 その時はウチの事務所とは違ったんですけど。話が終わると、次々声をかけられて。すぐに「すいません!」って声かけられるから、買い物ができないんですよ、原宿。

―いや、声をかけられるのは、選ばれし可愛いコだけですよ。ちなみに初めての原宿で何人くらいから名刺を?

小山 20枚くらいですね。

―また、もらいましたね!!

小山 それから、もらった名刺を見ながら、いろいろ考えたりして。その後も原宿に行くたびに何枚も名刺をもらって、その中で今の事務所に入ることになりました。そのあとは事務所で、新人のレッスン生として演技のレッスンをしていました。演技、すごく楽しくて。そうしてたら、事務所で新しいアイドルグループを作るって話があったんです。それがマジパンのオーディションで。

―ちなみにマジパンは、元アイドリング!!!の34号である佐藤麗奈さんがアイドリング!!!の“全員卒業”後にオーディションをして作ったグループです。佐藤さんのことは知っていたんですか?

小山 はい、アイドリング!!!は知っていたので。あと『Rの法則』(NHK Eテレで放送中の教育バラエティ番組。佐藤麗奈がレギュラーを務める)も観てたので。で、オーディションを受けたんです。アイドルやりたかったから。…でも、なんで受かったのかよくわかんないんですよ、その日、元気なかったし。

―元気なかったんですか!(笑) なんで?

小山 おとなしすぎて。人見知りなんです。何人かで質問を受けたんですけど、みんな喋れてるのに、自分だけ「えっと、えっと…」みたいな。だから、合格がわかった時には、一瞬、時が止まりました。外にいたら、お母さんからラインで「受かったってよ!」って送られてきて。そのメッセージを見た時、もう嬉しくて嬉しくて。家にすぐに戻って、お母さんとジャンプしました。「イエ~イ!」って。

―子供の頃から憧れていたアイドルになれたわけですからね。人生の中で一番のハイジャンプだったのでは?(笑)

小山 そうでもないですね。今までの人生で比べると、中間くらいの高さだったと思います。

―……あ、そう(苦笑)。ちなみに人生の中で一番高く跳んだジャンプは、どんな状況だったの?

小山 小学5年生の時に友達と「よみうりランド」に行って、ジェットコースターに乗った時ですね。テンション上がって。

―…アイドルになれる感激よりも? ジェットコースターって、そんなに力あります?

小山 ジェットコースター強いです。よみうりランドのジェットコースターは、ほどほどの怖さがちょうどいいんですよ。でもディズニーランドも楽しいです。ディズニーは“神”ですね。あ、話、めっちゃズレてますね(笑)。


―まぁそんな感じで合格したマジカル・パンチラインですが、なんとメンバーは「見習いの魔法使い」というコンセプトでした。

小山 はい。驚きました。「制服とか着て歌って踊るのかな?」って思ってたら違いました。でも、『ハリーポッター』みたいな魔法とか異世界系のお話が結構好きだったので、すごく嬉しかったです。

―でも、人って13歳くらいまで「もしかしたら自分は魔法が使えるんじゃないだろうか?」って、ギリギリ信じてたりしますもんね。

小山 そうですか? 私は小学5年生くらいには信じなくなりました。サンタがいないことに気付いたのもその頃です。

―おぉ。それって誰かに「サンタは親なんだよ」って教わったんですか?

小山 最初は友達から聞きました。最初は「いやいや、サンタが親だなんて、絶対に嘘でしょ」って思ってたんですよ。でも、「クリスマスの夜、空飛んで移動?」とかいろいろおかしなことが出てきて。毎年サンタさんに欲しいものを事前に書いて、寝るところに貼ってたんですけど、手紙が戻って来たこともあるんです。でも、ハートの画用紙に日本語で書いてあって。「なんで日本語なんだろう?」って思いましたし。

―いろんな推理が働いてきたんですね。

小山 で、5年生の時、お母さんに「本当はママがサンタさんだよね」って言ったんですよ。そしたら「…じゃあ、これからはプレゼントなしね」って言われて。やってしまったー!(笑) 言わなきゃよかったー!

―完全なヤブヘビでしたね(笑) じゃあ、次の年からはプレゼントはなしに?

小山 いや、なんか直接、お小遣いをもらうようになりました。

―現実的な対応!(笑)

小山 夢はなくなりました。考えてみると、お姉ちゃんの元へは、随分前からサンタさんが来てなかったんですよ。たぶん、私よりもっと早い段階でサンタさんの正体に気付いて、お小遣いをもらってたんだと思います。私には言うなって。

―なんか口止め料みたいですね(笑)。

小山 でも、「気付いたことを簡単に口に出してはいけなんだ」ってことを学びましたね。

―いいですね!(笑) 世の中の真実に気付いても、口にしてはいけない、と。

小山 そうです。真実は口にしては絶対にいけないんです。ショックでしたから。毎年、ベッドの下にプレゼントが置いてあるんですけど、真実を口にしちゃった次からは、起きた時にプレゼントがないんですよ。で、起きてリビングに行ったらお母さんから「はい、お小遣い。好きなもの買いな」って。現実を知りましたね。


―去年のクリスマスはどうだったんですか?

小山 お小遣いをもらう感じだったのは、それから1年くらいで、システムは変わりました。お母さんと一緒に買い物に行って、欲しいものを買ってもらうって。去年はお洋服を買ってもらいました。

―いやー、いいですね。で、どうですか。マジパンの活動は?

小山 思ってたよりも数倍楽しいです。TVとかの画面で見てるより、自分でやってみるとアイドルって楽しいんです。でも、本当に辛い時は辛いです。「画面の中ではみんな笑顔でいるけど、こういうこともあるんだな」って思ったりすることもありました。

―TVや動画で観るのとは違いますよね。どういうことが辛かったですか?

小山 みんな画面の中では、簡単に踊ったり、歌ったり、喋ったりしてるように見えるんですけど、練習とか大変です。特にト―ク。トークの勉強をしなくちゃいけないんだなって思って。ラジオとかTVとか注意してみるようになりました。特にバラエティ番組のMCの方って、他の人への話の振り方とかすごいじゃないですか! 明石家さんまさんとかすごいですよね。オーラが違います。TVで観ていてもズバ抜けてますよ!

―すごいですね。13歳でMCに注目して、「さんまさんのオーラがズバ抜けてる」発言!(笑) では、他のMCの方は? ダウンタウンの浜田雅功さんとかバナナマンの設楽統さん、フットボールアワーの後藤輝基さんとか…。

小山 浜田さんは関西の方だし、テンポとかすごいなって。設楽さんは切り替えが早いですよね。後藤さんは言葉選びが上手いって思います。でも皆さん共通して、パパパッて言葉が出るところがすごいです。私、すごく参考にしたいんですけど、イザという時に焦っちゃって言葉が出なくなっちゃうんですよね。関西の人ってみんなすごいです。関西人になりたいです。


―…なんか、向かう道がズレてきましたけど(苦笑)。魔法使いになるんですよね。

小山 そうなんですけど。でもトークがうまくなりたいです。

―じゃあ、2017年の目標のひとつとしては、「トークが上手くくなりたい」と。他に目標は?

小山 まず、グループとしては、もっとパフォーマンスに磨きをかけて、誰が見ても魅了されるようなパフォーマンスができるようになりたいです。あと、個々でも仕事をたくさんの仕事を増やしたいです。オーディションとかでも頑張って、いろんなことをやってみたいですね。

―なるほど。個人としては、どういうお仕事をしたいんですか?

小山 新人の時、演技のレッスンをして楽しかったのもあって。女優さんに挑戦してみたいです。あと、モデルさんもやってみたい! それと地黒なので、肌の色を白くしたいです。美白ですね。海が好きなんでよく行くんですけど、すごく黒くなって、しかも白くなりにくいんです。吸収力が素晴らしくて、日焼け止め塗っててもダメなんです。

―UVカットが効かない!

小山 そうなんですよ。家系がそうなんですかね。みんな黒いんですよ。お父さんなんて、真っ黒ですよ! 夜、ランニングから帰ってくると、暗闇に同化して服だけが浮いてるみたいになってます。


―それはさすがに盛り過ぎですよ! バラエティ番組を観ている効果ですかね(笑)。ところで「家系」って言ってましたけど、海外の血が入ってたりするんですか?

小山 全然。日本人です。よく言われますけど。ただの色黒なんです。白くなりたいんですよ。洋服とか合わないんですよね。ピンクが好きなんですけど、ピンクが似合わないんですよ。

―うーん、でも肌の色が黒いのって魅力的だと思いますけどね。「褐色の美少女」っていうのを好きな男子って、まぁまぁいますから。昔、『ふしぎの海のナディア』っていうアニメが流行ったんですけど、その主人公のナディアが褐色の美少女で、かなり人気があったんですよ。

小山 そうなんですか? 色黒なのっていいんですか?

―いいと思いますよ。アイドル界に色白のコはたくさんいますから。その中でも目立ちますし。世の中の色黒で悩んでる女のコたちにも勇気を与えますよ。

小山 本当ですか! わかりました! 色の黒さを推していきます! うわ~、勉強になりました。美白は諦めます!

―なんだかすいません(笑)。では、他に目標はありますか? 「色白になる」という目標はなくなったわけですから。

小山 そうですね。受験生になるんで、勉強を頑張ろうかなって。あと、ピーマンを食べれるようになりたいですね。食べた時に鼻に残る匂いがあるじゃないですか。苦い匂いっていうか。それがダメなんですよね。

―子供っぽい自由な流れの会話です(笑)。バラエティ的にいうと…魔法の修行とかは頑張らないんですか?

小山 あ~、一応、今使える魔法は「みんなを虜(とりこ)にしちゃう魔法」なんですけど、威力がまだまだなんで。まずはもっと可愛くならないとって思います。100くらいにいかないと。

―カワイイ度100、ってことですね。ちなみに小山さんの中で「100」って誰なんですか?

小山 石原さとみさん。

―それは100ですね!(笑) で、今の自分のカワイイ度は?

小山 40くらいですかね。中身も磨かれてないし、スッピンもブスだし、もっともっと磨かないとって思います。そうしないと「みんなを虜にしちゃう魔法」の威力が強くならないので。

―その魔法、かなりの努力が必要なんですね(笑)。他に使ってみたい魔法は?

小山 まあ~、人にスッと乗り移る魔法とかがあるんだったらやってみたいですね。「乗り移ると人が何を考えてるのかがわかる」みたいな。ほら、人って何を考えてるかわからないじゃないですか。乗り移れれば、その人の考えてる真実がわかるんですよ…(突然ハッとして)あ、ダメだ! 真実を知り過ぎると夢が壊れちゃうんだった! …でも頑張ってみます!

―その魔法って、いつくらいまでに会得できそうですかね?

小山 でも魔法って、小さい時にしか使えなかったりするっていうじゃないですか。なので、ここ1年で頑張りたいと思います。1年が勝負。

―もう、頑張ってくださいとしか言えないですね(笑)。ありがとうございました!

(取材・文/篠本634[short cut] 撮影/武田敏将)

■小山リーナ(こやま・りーな)
2003年3月4日(13歳)神奈川県出身。ニックネームは「りーな」。2016年デビューのアイドルグループ「マジカル・パンチライン」の最年少メンバー。担当カラーは緑。

その他情報は公式Twitterをチェック!

@Rina_Koyama_Box

Yahoo!ニュース
 



Twitterの反応
1001:関連記事をももクロまとめちゃんねるがお送りします
【ダメ客】バイト先のケンタッキーにクレーマー婆が来店。→「チキン10本、足の部分ばっかりでね!」俺「できません」
居酒屋で煙草吸ってたら、子連れの母親に「煙草やめてもらえません?赤ちゃんいるんですよ」って言われた。自分(22時半だし、喫煙席だし…)
嫁が「頭が割れそう…寒い」と言って震えが止まらず嘔吐。→医者「異常なし。ロキソニン出しておきます」→俺(本当にこれだけ…?)
【驚愕】中1の時に事故に遭って、目が覚めたら中3だった。ショックで声が出せなくて…
ももクロ効果有り!!あのテレ玉(テレビ埼玉)が勢いづいている!!(画像あり)
【ももクロ】佐々木彩夏の免許話から助手席に百田夏菜子が誘われたんだがwww(動画・画像あり)
「小林さんちのメイドラゴン」とかいうドラゴンがチョロ可愛い作品wwwww(画像あり)
小学生の頃、「かめはめ波」以外で練習してた必殺技wwwww(画像あり)
5巻以内完結で買ってでも読むべきな漫画書いていけ!!!!!(画像あり)
指原莉乃さんがイメチェンに失敗する…(画像あり)
西野七瀬とかいうブスだか可愛いのかわからないアイドル(画像あり)
俺「化粧取った方可愛いよ?」 同僚の化粧バリバリ女子「えっ…でも…」

twitter
コメント(4)